脱毛のクーリングオフは施術後でも可能なの?

 

脱毛サロンで本格的な施術を受けるという時に、結果が出るまで続ける事もできますが、効果を感じられなかったり、
スタッフの対応に不満があったときには、途中で辞めたくなることもあります。

 

問題は契約して施術を受ける前にクーリングオフをするのは、期間内であれば可能ですが、すでに施術後で会った場合にはクーリングオフが可能かということです。

 

答えを言うならば、クーリングオフをする事は可能です。

 

クーリングオフというのは、普通は自分で店に足を運んで選んだ商品には出来ませんが、
エステや語学教室の倍には、契約金額が5万円を超える、契約期間が1ヶ月以上である、書面契約を結んでから8日以内である、
という3条件をクリアすれば手続きをする事が可能です。

 

この条件には、どのような支払い方だったのか、既に施術を受けているのかどうか、ということは関係ありません。

 

とにかく解約したいと思った時に、クーリングオフをしたいと伝えれば、手続きが出来るのです。

 

手続きはどのように行なうのかというと、解除通知と書いた文書に契約内容や住所氏名などを記載して送れば大丈夫です。

 

文書は、内容証明郵便、特定記録郵便、書留など発信日を記録する事ができる方法で送るのが最善です。

 

なお、8日以内にという期限ですが、相手に届くまでの日数ではなく、書面を送った日付となります。

 

ですから、郵便の事故でもし相手に届くまでに時間がかかったとしても、手続きは完了します。

 

なお、脱毛サロンは契約者が条件に従い、クーリングオフの手続きをしたいというとき、拒否をする事はできません。

 

 

もしも受け取り拒否や不在であるから、文書が届かない状況をつくったというのであれば、弁護士などに相談をして代金の返還を求める訴訟を行えば良いのです。

 

>>全身脱毛函館市【※一番安い!おすすめサロンはココ(≧▽≦)ゞ】へ戻る