SSC脱毛とIPL脱毛の違い

 

脱毛にはSSC脱毛とIPL脱毛の二種類が有ります。

 

この二つの脱毛にはどのような違いがあるのでしょうか。

 

まず、SSC脱毛は正式名称がSmooth Skin Control(スムース・スキン・コントロール)と呼ばれ、光に反応するビーンズジェルという専用のジェルを肌に塗り、
クリプトンライトの照射の相乗効果で抑毛を促進させます。痛みが少ない事とジェルを塗った部分に光が反応しますので肌が受けるダメージがほとんどない事で安心して施術を受ける事が出来ます。

 

毛根を顔やデリケートゾーンにの脱毛におすすめです。

 

もう一つのIPL脱毛は、Intensive Pulse Light(インテンス・パルス・ライト)と呼ばれる光を使用して脱毛する方式です。

 

この光エネルギーをメラニン色素に反応させ、毛根の組織を破壊することで毛を抜け落ちさせます。

 

日本では当初から使用されていた光脱毛方式で、シミやあざの治療としても使用されていました。医療レーザーに比べると光の出力は弱く、やけど等の心配はほぼありません。

 

どちらにも効果に大きな違いはなく、脱毛回数にも違いはありません。効果に個人差はありますがどちらも10日〜15日程度でムダ毛が目立たなくなります。

 

SSC脱毛とIPL脱毛の大きな違いは毛を抜けさせるか、発毛を抑制させるかという点でしょう。

 

サロンによって取り入れている方式も違いが有りますのでいろいろ比べてみたうえで自分に合った方法を探してみましょう。

 

>>全身脱毛函館市【※一番安い!おすすめサロンはココ(≧▽≦)ゞ】へ戻る